恐ろしい症状とは?

驚いている女性

カラコンの連続した長時間の使用は必ずあなたの目を悪くさせてしまいます。ただ起きてしまう症状を適当に流しているとあとで必ず後悔することになるので、実際にカラコンによって起こりうる怖い症状を教えていきましょう。まずアカントアメーバ角膜炎と呼ばれる症状についてです。こちらはアカントアメーバと呼ばれる原生生物が角膜内に侵入して起こる症状になります。本来アカントアメーバは水道水などに生息しており、通常は人間の目に入っても角膜内には侵入できないようになっています。しかしカラコンを長時間つけていることで角膜が弱くなるので、目にアカントアメーバと呼ばれる生物が簡単に侵入してしまいます。さらにおそろしい話をすると、アカントアメーバは細菌を食べて生きているので弱っている角膜は当然餌食となるわけです。角膜には細菌がよくつくので、角膜ごとアカントアメーバによって破壊されてしまいます。では実際にアカントアメーバ角膜炎になってしまうとどうなるのか?まず大事な角膜に穴が開きます。そしてそこから視力が徐々に低下していき、最終的にはまったく目が使いものにならなくなるのです。つまり失明という末路があなたを待っています。ここまでの話だけを聞いているとカラコンなんてつけない方が良いと誰しもが思ってしまうかもしれませんが、ちゃんと使い方をマスターしておけばこんな怖い現象は起こらないので安心してください。これから快適にカラコンを使っていきたい人のためにその方法もちゃんと当サイトに載せておきますので、是非見ておいてほしいと思います。