全然仕様が違うもの

女性の目線

普段通常のコンタクトレンズを使っているような人も、必ずすべての記事に目を通しておいてください。というのも、カラコンは通常のコンタクトレンズとはまったくもって製造方法が異なっております。つまり今までの概念が通用しないということです。カラコンの危険性を知っておくことで、あなたもこれから安全にカラコンを使用していけるようになります。では実際にその相違点を見ていきましょう。まずは酸素透過率の話です。通常のコンタクトレンズを使っている人はある程度今のコンタクトレンズの酸素透過率を理解していると思いますが、残念ながらカラコンの場合はまったくといっても良いほど酸素透過率がありません。つまり角膜の細胞に大きな負担がかかりやすいと言えるでしょう。次に、着色料がある分手入れの方法も考えないといけないという話。実はカラコンの着色料は場合によってハゲてしまうおそれがあります。そのため着色料をできるだけ落とさないように意識していきたいところ。たとえば通常のコンタクトレンズを洗う場合、過酸化水素タイプの洗浄液を使うと思いますが、漂白効果によってカラコンの場合は色が抜けてしまう可能性があります。そのため基本的にはカラコンを使っている人の多くがワンデータイプを使っていたりします。もちろんワンデータイプは都度買わないといけないので余分なコストがかかりがちですが、たとえ長期間使えるものを買ったとしても色が落ちてしまってはまったく意味がなくなってしまいます。なのであなたもワンデータイプを基本的には選んでいくべきでしょう。